恵比寿のギャラリー、シスに

我が家には、気に入っている同世代の画家の絵がある。2階へ上がる階段下の壁に、それは2階から降りてくるときにその絵を正面に見ることができるように飾ってある。菅野まり子さんの『希望』と言う作品だ。昨日は、その菅野まり子さんが参加しているグループ展『サーカス物語展』を見に、恵比寿にあるギャラリーシスへ行ってきた。金子國義を始め錚々たるアーティストの参加によるサーカスをテーマにした作品が並ぶ。それぞれの作家の独創的なサーカス世界の、華やかなさの中に見え隠れする陰翳を覗く楽しさを、4年に一度のお祭りが終わった小雨落ちる午後に味あうのは格別であった。https://librairie6.com/?p=3245 今月29日までだそうだ。月火休廊。そこで、菅野まり子氏より、彼女(絵)と渡邊ゆりひと氏(詩)による共作の「かるたあえ」を頂いた。宝物がまた増えた。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中