カテゴリー別アーカイブ: Uncategorized

山へ!海へ!

山へ!海へ!
耳の中を波の音で満たし、石なんか拾ってみました。

オリンピック、始まりましたね!
開会式で小山田圭吾氏の音、聞きたかった。
自分を見つめ直すところからの再スタート。大変だと思います。でも絶対乗り越えて、また最高の音楽を聴かせて下さい。楽しみに待っています。

小山田圭吾氏に思うこと

この数日、御社発信番組、及び他社番組、またSNSやYahoo!ニュース等で、取り上げられておりますあなたのオリンピック辞任に関します報道に、意見にあるコーネリアスファンのひとりです。

最初に、小山田圭吾氏が起こしましたいじめの被害者の方には、心よりお見舞い申し上げます。その後の人生に、数多くの幸せを経験されていることを心より祈ります。そうあってほしいと、心より心より願っております。

わたしが、小山田圭吾氏の作る音楽の一ファンとしての味方なので、偏っている部分もあるかと思いますが、できる限り、出来事を俯瞰で見て記したいと思います。

わたしの見る限り、メディアに溢れる小山田圭吾氏への批判は、過剰だと思います。現在、彼は完全にいじめの被害者に見えます。社会全体で集団リンチを行なっているように思えます。彼もひとりの人間として、ひとりの子を持つ親として家族を養い生きているでしょう。現在のメディア報道によって、それすら危ぶまれる社会環境を作り出してしまっています。いじめをしたのだからその制裁を受けるべきというのはわかりますが、それを行なっていたのは、彼がまだ小・中学生。精神も未成熟の時期。このことに関して、わたしは、彼だけが悪いのではなく、彼の周りも、家族も、学校もその周りの社会も含めて、どうであったか見なくてはならないと思います。なぜ、いじめを止めさせることが出来なかったのか、を、考えなくてはならないところではないでしょうか。

25歳の一ミュージシャンに成長してからの、インタビューなども、彼がその時代に音楽活動をする上で、粋がっているイメージづくりとして売って行く以上、レコード会社またはその雑誌等より、刺激的な表現を求められていた部分は少なからずあったのではないかと思います。全ては周りが悪く、彼は悪くないというつもりはありませんが、彼だけが悪者で犯罪者のごとく、いじめを今現在も行なっているかのように報道され、社会全体の同調を煽り、彼の行き場を破壊し尽くし、「お前は地獄へ落ちろ」言わんがばかり、もう少し事件を俯瞰で見ることは出来ないのだろうか。

彼は、オリンピックを辞退しました。ファンからすると、社会の意向が判定を出したわけですから仕方のないことで、残念ですが受け入れたいと思います。

もうそこまでで良いのではないでしょうか。それ以外の仕事も全部取り上げてしまう。生きてさえいけなくなってしまうところまで追い込まないでほしい。現在の彼は何ひとつ、悪行はしていません。謝罪していない。反省をしていない、反省が足りないと言われているようですが、彼の作る音からその反省は伝わります。音楽に真摯に向き合い、世の中に幸福をもたらそうと努力されているように、彼の音楽は聞こえます。

わたしのことを少し付け加えますが、わたしは、小学生の頃いじめを受けていました。この事件に比べると軽いものですが、わたしは、全くの恨みも何もありません。お互いが未熟だったし、現在のいじめをしていた人たちの人生の成功を祈っています。

そして、小山田圭吾氏にも、彼の仕事、彼の音楽から、たくさんのたくさんの勇気をもらい、たくさんのたくさんの幸せをもらい、癒しも、パワーももらってきました。彼はそうやって、たくさんのファンを幸せにし、同時に罪滅ぼしもしているとわたしは見ています。

虐められた側のご本人が訴えられているのなら、それを聞き、事実を解明し、審判を下さないと行けないと思いますが。そこでは、お互いの言い分もあるでしょう。しかし、出された判決が事実として、小山田圭吾は受け入れ、悔い懺悔し反省しなくてはならないでしょう。しかし、それがないのであれば、彼が届けてきた音楽で十分なのではないでしょうか。

オリンピック組織委員会が彼に仕事を依頼してくれたのは、委員会から直接ではなかったかもしれませんが、彼のそういった功績、世界での活躍を評価してのことには間違いないと思います。小山田圭吾氏は、自分に白羽の矢が立ったこと、コロナで混乱しているオリンピックが自分の力を必要としているのならと、そこで、プロとして誠心誠意取り組んだことと思います。彼が提示した音には、何ひとつミスのない、期待以上の品物として納品されたことと思います。

現在、彼は、それ以外の仕事も失い窮地でしょう。コロナ禍かの中、ライブも出来ず収入も減少しているであろう頃にやっと舞い込んだオファーであれば、それは断れません。家族もある。とても可愛そうに思います。

自業自得という人もいるでしょう。謝って済むことではないという人もいるでしょう。しかしそうやって、思いのまま、そのことだけしか見ずに発言し、電波に乗せ広げてしまうことのよって、彼の家族を死の危険にさらしてしまうことを、考えてもらえないだろうか。

今後の、小山田圭吾氏の音楽に期待しています。どうか、乗り越えてください。
心より心より、コーネリアスの復活を祈っています。

天久高広作品集『2億年後の博物誌』、再度応募いたします。

以前、私、天久高広の作品集を抽選にてプレゼント、と言うことで応募を募ったのですが、まだ余裕があります。現在までにご応募いただいた方には、抽選するまでもなく皆様にお送り致します。しかも、まだ10冊ほど余ります。そこで、今月いっぱいを締め切りに再度応募を募ります。在庫部数以上の応募が集まった場合のみ抽選となりますが、作品集を見てみたいと思われる方は、今月末までを締め切りとさせて頂きますが、どうぞご応募下さい。

ご応募の場合はこちらまで、mail@amekutakahiro.com 。住所、氏名、お電話番号、メールアドレス、今後の私の展覧会DMの郵送を希望する?かしないか?をご記入頂き、着払い送付を了承の上、メール頂けますと幸いです。
https://youtu.be/1Zv1HpdmhYs

1988年作だって!

先日まで

 グループ展が終わったところで、今日はアトリエを片付けておりました。

 我が家の2階には、3畳ほどの納戸があって、作品らの収納スペースとなっていますが、そこが満杯になって、近年の化石作品はアトリエ内に所狭しと放置状態でした。

 仕事がやりにくいとは思っていたので、思い立って、2階の納戸から片付けることにしたのです。過去の在庫作品を引っ張り出し、先ずは近年の化石作品を収める。しかし、在庫作品は120号なんてのもあるし、3畳ほどの部屋が完全に埋まるほどの量が庭に出され、行き場を失う。もう展示することもないだろうし、売れることもないだろう。断捨離が理想だが、なぜか捨てられないで、ここまで持っています。

 そんな中、1988年作と裏に側記してある作品が出てきました。22歳の時に書いた絵らしい。学生時代。自画自賛だが、意外と良い感じの絵に思え投稿させて頂いた。この頃から化石がモチーフになっていたとは!

 夕方、目白の椿山荘とやらに、妻と蛍を見に行きました。写真、小ちゃくしか写っていないですね。(;_;)

『6つのレタルギー』 KOMAGOME 1-14cas、終了いたしました。

『6つのレタルギー』 KOMAGOME 1-14cas一昨日をもって、無事に終了いたしました。

 同世代を中心に集められた6人のアーティストで行ったグループ展でした。共通した世界と、独自の世界をあわせ持った作品らで、共鳴しあって見ていただくことが出来ました。自分もまた学び大き展覧会でした。

 コロナ禍の中、足をお運び頂いた方々には、お礼申し上げます。ホントありがとうございました。

 さて、新作のスフィンクスの一種が、嫁入り先も見つからなかったことをいいことに、搬出して来て早々、分解致しました。何をするかと申しますと、骨格を支えている支柱金具を短くするのです。実はこの化石の展示中、台座から1cm程足が浮いていたのです。脚は地面についていないとおかしいでしょう。そして、翼を羽ばたかせるパワーを支える骨、竜骨。それがちょっと下過ぎたのです。だから、もう少し上の方に上げたいのです。翼の上腕骨も上に上がることになるでしょうね。多分、竜骨は作り直しです。

 今日、久々に渋谷に出た。文化村で知り合いが展示をやっていたので見に行った。と、画材屋さんのウエマツに絵具を買いに行ったのです。人でも多く、賑やかなで浮かれた渋谷に戻りつつありました。今はまだ用心が必要だろうけど、渋谷はこうでなくちゃ!

グループ展のお知らせと、作品集の抽選プレゼントのご案内

コロナ禍、少しは光が見えたかと思いきや、まだまだトンネルは深いと感じるこの頃、皆様も辛抱の時が続いているかと思います。そんな中での展示のご案内となります。昨年より延期となっておりましたグループ展が5月末より2週間、開催予定です。グループ展で、一癖も二癖もある6人のアーティスト作品が空間を交え、どんな響きが生まれるのか楽しみな展示です。しかしこのご時世、お知らせまでということにしたいと思います。もしももしもお越しいただける方は、感染対策を十分にとってお願いできたらと思います。ギャラリーの方も十分な対策をとっていると思いますが、どうぞ慎重にお願い致します。Facebook でも、展示の様子はどこかのタイミングでアップいたします。

◇ グループ展 『6つのレタルギー』

KOMAGOME 1-14cas

5/28(金)~6/9(水) 12:00~19:00

アーティスト:天久高広、有賀真澄、石丸運人、柴田高志、四六三、まちださとし

東京都豊島区駒込1-14-6-東京スタデオ1F

Tel :03-3946-3481

mail:komagome1-14cas@tokyo-studio.com

◇ 作品集の抽選プレゼント

文化庁の助成金で、印刷製本代金の一部を負担して作りました私の作品集。

この作品集は、今までに私の作品をお買い上げいただいた方に、プレゼントさせていただくものですが、30部ほど余りが出ます。この30部を、上にお知らせしたグループ展会場での応募と、ここ ブログから応募いただいた方の中から、抽選でプレゼントさせていただくことにしました。

作品集ご希望の方は、私のメールアドレス mail@amekutakahiro.com に、住所、氏名、お電話番号、メールアドレス、今後の私の展覧会DMの郵送を希望する?かしないか?をご記入頂き、着払い送付を了承の上ご応募ください。抽選は、グループ展終了後となりますので、結果発送は6月末を予定して進めていきます。沢山のご応募、お待ちしております。

神流町恐竜センター

30年近く前かなぁ、よく入り浸っていた吉祥寺のギャラリーで知り合った作家兼アンモナイトハンターの殿方に誘われて、当時は中里村と呼ばれていた群馬県の山奥へアンモナイト発掘に行ったことがある。2~3度便乗して出かけたそこは現在、神流町と名を変え恐竜センターが作られていた。
神流町では1953年に恐竜の足跡らしき化石が見つかっていた。そして1985年の再調査でその化石は、正式に恐竜の足跡だと認定されたそうだ。その頃は他にも幾つかの恐竜の部分化石が見つかっているし、近年もスピノサウルスの歯の化石などが見つかっている。神流町は白亜紀の地層が露出している山中地層帯の真ん中に位置している。
先日、久しぶりにその神流町までドライブした。もちろん恐竜に会いに。

恐竜に会える博物館なんかは日本にも数多くある。上野の国立科学博物館を始め、神奈川の生命の星・地球博物館、福井の恐竜博物館などなど。初老の僕でもワクワクする場所がいっぱいだ。しかし元も子もない話になるが、実はそれら博物館の展示物である化石標本の殆どはレプリカである。がーん!
国立科学博物館の T-レックスもアパトサウルスも、トリケラトプスやステゴサウルスにパキケファロサウルスの化石らも、本物ではないのである。本物はとてもフラジャイル。そんなものをフレームに縛り付けて無理やり立たせたり、シルク・ド・ソレイユのように天井から吊るしたりは出来ないのでしょう。本物は温度や湿度をしっかり管理された資料室に大切に保管されているのだ。

今日、神流町の恐竜センターで会うことのできた恐竜たちも、多くはレプリカである。メインの3階の会場では、モンゴルで発掘されたタルボサウルスがセンターを陣取っていた。このレプリカは、モンゴルから実物の化石をここ神流町まで運び、日本の研究者や技術者たちが復元したそうだ。その他の恐竜化石もほとんどがレプリカ。しかしそのクオリティには驚かされる。結局、私たち庶民は本物の化石を目にするチャンスは少ない。にしてもだ、これらのレプリカらは、「本物です」と言われたら「そうかーぁ、本物かーぁ、すげーぇ」と感動するほどのリアリティを持っている。ホント凄い技術だ!

展覧会のお知らせと、制作に悩んでいる出店予定作品。

5月27日(金)から6月9日(水)駒込の KOMAGOME1-14cas にて開催されるグループ展に参加いたします。参加アーティスト:有賀真澄 天久高広 石丸運人 城山宣弘 まちださとし 柴田高志
この展覧会は、昨年開催が予定されてれいました展覧会で、コロナ禍における予防策として1年の延期となったグループ展です。

私も、コロナ禍の期間、作品集制作に励み、新作を作る力と時間を生み出せないで過ごしましたが、この展覧会までに1点だけでもなんとか作りたいと思っています。

そこで、スフィンクスの全身骨格の化石なのですが、悩んで悩んでしまっております。
何に悩んでいるのかと言いますと、その骨格のデザインでございます。
先日投稿したスフィンクスは、美しい女性の頭骨に上半身は鳥の骨格、そこから下はライオンの骨格でした。
飛翔のためには、翼を羽ばたかせ風を掴まなくてはなりません。その為に翼の軸となる上腕骨を引きおろす胸筋がなくてはなりません。自らを浮かび上がらせるほどの風を掴む為には、その翼は大きなものになります、その胸筋はぶ厚いものとなるはずです。鳥の骨格の特徴の一つに、肥大した胸骨の竜骨突起と呼ばれる骨がついていますが、まさにその骨がこの胸筋を支えているわけです。
先日のデザインは、その機能を重視したデザインでした。しかし、神話に出てくる、例えばギュスターヴモローのオイデプスとスフィンクスのスフィンクス像のような妖艶さにかけたものになっている気がしました。化石を作り始めてからいくつかのスフィンクスを作っているのですが、現実的に裏付けをしっかりさせようとすると、悩みます。今日のスケッチは、美しい女性の上半身に単純にライオンの肩から下が合体したキメラ。そこに翼はライオン側の背中に生え、胸骨と竜骨突起もその胴体の肋骨の支点となっているデザインです。

先日投稿した、美しい女性の頭骨に上半身は鳥の骨格、そこから下はライオンの骨格で出来たスフィンクス。

過去に作ったスフィンクスの化石や鉛筆画

スフィンクス

スフィンクス。

ウィキペディアだと、ギリシア神話から引用して、『ライオンの身体、美しい人間の女性の顔と乳房のある胸、鷲の翼を持つ怪物』とある。所謂、人と鳥とライオンの合いの子のようだ。その骨格デザインを再検討している。ギュスターヴモローをはじめとした絵画作品にも登場するスフィンクスは、ライオンか、もしくはその他の大型ネコ科の動物に美女の頭部に魅惑的な乳房を持ち、背中に翼を生やしている姿で描かれている。
進化の系統樹を辿ると、この姿はどこにも属さない。古生代に脊椎動物が出現し、その中の魚類から我々の祖先の四肢動物へと進化した。その際、魚の鰭が四肢動物の手足となったわけだが、四足動物へ進化して以降、四肢は前脚と後脚の二対と決められた。鳥類は前脚を進化させて翼としたわけだから、前脚、即ち両手も持った上に翼も持つ脊椎動物はありえないと言うわけである。
と言うことで、スフィンクスや天使、サターンのように、両腕を持ち翼を持つ動物は、魚類以前にまた別の種への系統を辿ったと考えてみる。魚類から四肢動物へ進化して以降、その種の広がりは多種多様だ。しかし、四肢動物へ進化しなかったもののその姿の変容はは、四肢動物とは比べ物にならないほど単純だ。
スフィンクスらがその四肢動物に進化しなかったグループの中の子孫だとしたら、六肢動物の種。現在は絶滅してしまっていて、その化石も未だ発見されてもいない、そんな種がいたのだろうか?

とまぁ、上のスケッチで取り上げたいのは、骨格のデザイン的なところだ。ライオンの首から下の胴体に美しい女性の上半身が乗る。ライオンの肋骨が首から上にも連続していて、それが女性の肋骨と一体化しているデザインを作ることはできるだろう。
しかし、さらに鷲の翼を持つ。鳥が大空に羽ばたけるには、先ずは身体が軽くできている。軽くて強いに特化した骨の内部構造がある。それに、両腕を長く伸ばし羽を生やしている。その羽で力強く風を仰ぐための胸筋の筋力は半端ない。その筋力を支える胸骨や肋骨は、哺乳類や爬虫類のデザインでは耐ええない。鳥の胸骨は竜骨突起と言う船底の形をした突起状になっていて大きい。

他、幻想動物の飛翔に関してのスケッチ。