神流町恐竜センター

30年近く前かなぁ、よく入り浸っていた吉祥寺のギャラリーで知り合った作家兼アンモナイトハンターの殿方に誘われて、当時は中里村と呼ばれていた群馬県の山奥へアンモナイト発掘に行ったことがある。2~3度便乗して出かけたそこは現在、神流町と名を変え恐竜センターが作られていた。
神流町では1953年に恐竜の足跡らしき化石が見つかっていた。そして1985年の再調査でその化石は、正式に恐竜の足跡だと認定されたそうだ。その頃は他にも幾つかの恐竜の部分化石が見つかっているし、近年もスピノサウルスの歯の化石などが見つかっている。神流町は白亜紀の地層が露出している山中地層帯の真ん中に位置している。
先日、久しぶりにその神流町までドライブした。もちろん恐竜に会いに。

恐竜に会える博物館なんかは日本にも数多くある。上野の国立科学博物館を始め、神奈川の生命の星・地球博物館、福井の恐竜博物館などなど。初老の僕でもワクワクする場所がいっぱいだ。しかし元も子もない話になるが、実はそれら博物館の展示物である化石標本の殆どはレプリカである。がーん!
国立科学博物館の T-レックスもアパトサウルスも、トリケラトプスやステゴサウルスにパキケファロサウルスの化石らも、本物ではないのである。本物はとてもフラジャイル。そんなものをフレームに縛り付けて無理やり立たせたり、シルク・ド・ソレイユのように天井から吊るしたりは出来ないのでしょう。本物は温度や湿度をしっかり管理された資料室に大切に保管されているのだ。

今日、神流町の恐竜センターで会うことのできた恐竜たちも、多くはレプリカである。メインの3階の会場では、モンゴルで発掘されたタルボサウルスがセンターを陣取っていた。このレプリカは、モンゴルから実物の化石をここ神流町まで運び、日本の研究者や技術者たちが復元したそうだ。その他の恐竜化石もほとんどがレプリカ。しかしそのクオリティには驚かされる。結局、私たち庶民は本物の化石を目にするチャンスは少ない。にしてもだ、これらのレプリカらは、「本物です」と言われたら「そうかーぁ、本物かーぁ、すげーぇ」と感動するほどのリアリティを持っている。ホント凄い技術だ!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中