龍は世界中のほとんどの神話に何らかの形で登場する。雨のシンボル、川のシンボル、池に住みつき守り神となったり、いろいろだ。
全長は50メートル、いや100メートルはあろうか、それが空に舞、雷を撃ち、雨を呼ぶ。
はたまた、人間に化けて村人に近づいたり。
西洋のドラゴンが悪魔の使いのような存在に対しては正反対出る。
山の神、水の神の象徴的な捉われ方が多い。

上の図に描いたような姿だと、仮に全長50メートルとしても胴回りは7〜8メートルはありそうだ。頭の長さも3メートル近い。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中