飛行装具 Ⅶ 製作途中!

お正月の間で少しづつ描き進めています、飛行装具Ⅶ
胴体部分は、自転車の原点でドライジーネという乗り物が1800年代に使われていましたが、そのドライジーネを参考にしました。となると時代設定が難しくなってしまいましたね。この飛行装具シリーズは、レオナルドダビンチ以前の飛行のための装置をテーマとしていますし、ドライジーネはダビンチのスケッチをもとにしたものもあるくらい近年のもの。こう言うデザインはあり得ないかもしれないですね。

故郷の熊本は荒尾市に、猫宮という猫を神様としたお宮さんがあるらしい。そこから依頼を受け根付のデザインをしています。投稿の4案は全てボツでした。改良案を思案中です。

『男はつらいよ お帰り寅さん』を、大泉の劇場で嫁さんと観てきました。お勧めです。

そんなお正月!

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中