9/21,22,23 災害ボランティア、千葉は鋸南町にて!

21日から生業の仕事が一段落ついて、台風15号の被害甚大な千葉へ。出来る範囲のボランティアをしようとその日山武市に来た。最初はネットの情報から、被害のひどい地域を探し館山に行くつもりだった。しかし出発して途中の首都高の渋滞にはまり、館山のボランティア受付8:30には間に合いそうにないと判断、急遽9:30受付の山武市に行き先を変更した。その日のボランティアでそのメンバー同士の会話から、鋸南町から富津市辺りの内房の範囲がひどいと聞き、ボランティアはその日だけのつもりが、22日にはその内房方面に向かってしまっていた。中央道永福から高速に乗りC2経由でアクアライン、館山自動車道に入るとその高速道路の左右の山々に、ゴジラでも歩いたのかと思ってしまうほどの倒木がいたるところに現れた。所によっては根こそぎ斜面ごと持っていかれている。くっきりとその怪物の爪痕が残っていた。館山は大分落ち着いているとも聞いていたのでその手前の鋸南町を目指して向かう。高速を降りるとそれはそれは無残に屋根、壁、ガラス窓、塀の破損した家ばかり、樹木も電柱も大きく傾き、折れ倒れ、15号通過後11日も立っているのに、台風一過のまま時間が止まってしまったように見える。大分ブルーシートで補強されてはいるが、手付かずの破損や損壊した家が残っている。

被災者の家がブルーシートで補強されるかどうかは、役所への住人の方からの申請が必要なようだ。電気、電話が通じていない。ネットも見れない、ましてやお年寄りが多い地域、その情報が伝わっていない住人も多い。従って申請されていない家も多く残っているのだ。ブルーシート補強は申請された順番で行われる。それを行うのは、ボランティアと自衛隊。ボランティアには24年前の阪神淡路大震災から、その復旧救済の技術を培ってきた技術を持つプロフェッショナルたちがが存在していた。そんなその人たちを中心に朝早くから日が暮れるまで作業は行われている。東北、新潟、熊本、一昨年の中国地方、昨年の関西と列島を襲う災害からの復興を縁の下で支えてきたのはこの人たちだったのだ。

鋸南町の災害ボランティアセンター通称ボラセンに着くと山武市と同じように受付をする。そこで「大工仕事出来ます。」と言うと、あるボランティアリーダーの元についた。運が良かった。名前は控えるが、その道の有名な人でNHKでも番組になったような人だった。広島呉から来ているプロ中のプロ、対峙しただけでわかるオーラを放つ。良くない言い方かもしれないが、多くの修羅場をくぐり抜けてきた男だろう。その彼からブルーシートの貼り方、被災家屋の応急処置の基本を学びながら、一軒そしてもう一軒とその日は2件の修復を行った。彼は、他のボランティアも同じように、震災があれば仕事を休み1〜2ヶ月は車中泊をしながらその被災地の被害にあった家々全ての応急処置が終わるまで無償で働く。どう言う事だ。どうしてそこまでするのだろう。どうしてできるのだろうか。

彼が2件目の修復が終わるころ、ある方から千葉市で美味しい広島お好み焼きの差し入れをもらったと言い、今夜はその方から、車中泊ばかりではきつかろうと、隣町の富浦にある別荘に泊まってくれてと言われていると、そこに私も誘ってくれた。そんなこんなで22日の夜は富浦で一泊し、23日までボランティアに参加することとなった。

災害で破損した屋根や壁にはブルーシートを貼り一時的にしかならないだろう補強をする。ブルーシートはその4辺に、野地と言われる木材を巻きつけ固定、その上に土嚢と呼ばれる重石をして破損箇所や又は屋根全体を覆う。ブルーシートもいろいろあって、1〜2ヶ月しか保たないものから、1年くらいは保つものがあるらしい。土嚢もその袋に、やはり1〜2ヶ月しか保たないものから1年くらいは保つものまである。価格の違いがあるようだ。1〜2ヶ月しか保たないものは白い袋の土嚢で、1年くらいもつ土嚢は黒い袋である。お気づきだろうか、テレビやネットで見られる被災地の景色、屋根を覆うブルーシートに乗せられているそのほとんどは白ではないか。今までの震災でも使われてきたのは白い土嚢で、2〜3ヶ月もすると袋に劣化が始まり中の砂が噴き出してくる。土嚢が重石の役割ができなくなり、ブルーシートは外れバタバタと風の煽りを受け屋根の代わりを終える。

その晩、そのある方の別荘に宿泊したメンバーは7人。リビングでくつろぎ、風呂にも入れて、冷蔵庫にはいっぱいのビールや酒が差し入れてあった。まさに不良どもの合宿である。身の上話に花が咲き、この夜は飲んだなー。

翌朝は6:00に目覚め散歩に出た。ここに着いた時は暗くてわからなかったが、そこは海まですぐの場所。朝から南房総の浜を一人で歩き気持ちの良い1日の始まりだった。宿泊させてもらった別荘に戻る途中、私に気づいたご婦人が、「ボランティアの人?」と声をかけきて、「うちの屋根も飛んだの」と。私は修繕を引き受ける立場にないので、お見舞いを言いつつ状況を聞いていると、メンバーの一人で松戸の屋根屋さんが起きてきて、それをあっさり引き受けてしまった。管轄地域も違うんじゃないかとも思ったし、さてどうしたもんか、申請もされていないのだろう。しかし、この災害時ルールもへったくれもない。私とその屋根屋さんでそのお宅の屋根は修繕することにし、他のメンバーには先に鋸南町の方に戻ってもらうことになった。みんなが出発して2時間くらい、8:00くらいに完了させ、我々も鋸南町へ合流。今日はメンバーがまた増えていて、厄介そうな現場だったがその日1日かかって完了。思い返せば、そこではそのリーダーだった彼は他の現場に行ってしまったため、リーダーらしき人がいなくなっていた。昨日から一緒のメンバーが半分、他半分は今日からの新人、しかし彼らはなかなか出来そうである。昨日からの仲間には、基本愉快な仲間であるが、こだわりが強すぎて口の悪いお爺ちゃん(ちょっと遊びに来てるのか?とも思った)がリーダーの代理。使いっ走り役で重宝だけど喋るとうるさく面倒臭い運転手の男。松戸の屋根屋さんはその道のプロなだけにかなり仕事を丁寧にやるが、応急処置の現場だと時間がかかりすぎている節がある。頼みの綱はカナダ在住でカナダはバンクーバーからボランティアに来てくれている24才のカナダ君(通称)。彼は昨日リーダーと私と3人で組んでいたのでスキルが高いのは分かっている。日本人である。余った仕事は全体の計画を立てて指示を出す役とバランス役。「また俺かー」とババを引いた気分になる。何もわからない新人もいるんだ。今日は夕方から雨予報。これにはなんとか間に合った。と言うかまだ雨はっていないが今にも降りそうな空模様である。時間は16:00頃。今日はお終いとなりボラセンへ戻ると、他の現場に応援に行ってほしいと、みんなではなく4人くらいで良いそうだ。結局、昨日からのメンバーで行くことになる。やるならとことん。それで3件目、終了は18:00過ぎ。終了後の現場の雰囲気は「みんな明日も残るよね」と言われているようだったが、雨も降り出し明日は雨予報。ここ数日予報は当たらなかったが、九州方面に17号が来ている。一応予報を信じることにし、後ろ髪引かれつつも東京に戻ることにした。

さて、被害を受けた家の修復に使う資材は、上で述べたブルーシートや土囊袋に胴縁(木材)。安いものだが行政機関が用意してくれているようだ。それ以外はボランティアの自腹、私も夏の個展の作品制作の際、庭に木工部屋を拵えるために揃えていたビス(ネジ)の余りが役立った。良いブルーシートや土囊袋は、ボランティア個人への支援で賄っているようだ。長年ボランティアをやっている人であればこの行政から支給されているものは使えないことが分かっているのだろう。行政から支給された白い土嚢は、ボランティアが用意した黒い土囊袋で更に包む。飯も自腹、風呂はボランティアは無料というところもあるようだが、皆、道の駅で車中泊をしている。お金のかからないよう節約しながら奉仕しているのだ。頭が下がる。

帰りはアクアラインがまた大渋滞、温泉でも入って飯を食って帰ろう。そう言えば朝飯抜きで昼は3時頃のコンビニ飯。昨日はコンビニのおにぎりに夜は冷めたお好み焼き。せっかく南房総まで来たんだ、ちょっとくらい楽しもうと高速に乗るまでの127号線沿いの天然温泉「海辺の湯」に浸かる。夕飯はそこの食堂でノンアルコールビールとアジフライのご飯セット、味噌汁は名物カジメ入り、アジフライも美味しい。なんか地元感を味わいたく、なんでも塩派なのにここは付けてあるソースで頂いた。疲れが少し取れた。

ここ被災地ではまだまだ多くの損壊家屋がボランティアや自衛隊の助けを待つ。時間が出来たらまたボランティアとして参加していきたい。

本当いい経験をさせてもらった。ボランティアは大きな学びのあるところだ。出会いにも感謝である。彼ともまた会いたい。

最後に、この台風15号の被害に遭われた方々にお見舞い申し上げたい。皆さんが一刻も早くもと通りの生活に戻れるよう、祈っています。

そして毎日に感謝感謝です。

写真はあまり取れなかったけれど。

        

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中