ドラゴンの全身骨格化石のエスキース

ドラゴン全身骨格化石の平面作品を制作しようと思い立って、エスキースを始めました。

 
上の画像はエスキースです。ざっとした構図決めと出来上がりのイメージ作りのため鉛筆と色鉛筆で描き、PC(フォトショ)で背景を黒く塗りつぶす。
翼を付けようか?付けまいか? 西洋のドラゴン、東洋のドラゴン、それぞれに様々な文献でも、翼の有無もまた様々‥‥‥‥ 悩ましい!


    

随分前にお知らせしました全身骨格立体作品完成までは、時間と予算と場所不足のためまだまだ先の発表となりそうです。その前哨戦にと頭骨化石(立体)や、鉛筆画と挑戦してきて、今度はカラーの平面作品を描こうと思っています。

まだエスキースの段階、大きめのサイズで、縁筆画か?水彩と併用か????
背景をいつものように鉛筆で漆黒に塗り潰すのですが、今までやっていたファーバーカステル9Bでケント紙に塗り重ね、綿布で拭き取る、を何度も繰り返して作った黒背景の作画方を用いてきました。
しかし、それで出来た黒はどこまでもグレーで、もっと黒くならないかと、ステッドラーマルスルモグラフとやらを試し、アクリル絵の具も試し、色々試行錯誤しております。

上は鉛筆メーカー種類の違いによる塗りの濃さの例。


この股上はアクリル絵の具の種類の違いによる質感の違いの例。


随分前の作品、鉛筆で対象を描画したのちアクリル絵の具のブラックで背景を着色した作品、バットマン(同人誌『かわほりさん』の表紙のため制作)
この作品は、残念ながら筆跡が残るところが気に入らなかった。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中