マニエールノワールの授業

4月12日から15日の日程で、嫁さんのお父さんの別荘(蓼科)へ
そこでメゾチント,フランス語でマニエールノワールの授業を受けた。
講師は嫁さんのお父さんで東京藝大の名誉教授だった人、身内のよしみで授業料免除。
それじゃ悪いと、蓼科までの運転と冬の間に唐松の枝葉の積もった別荘の庭の掃除、蓼科はみつ蔵の蕎麦をご馳走し、おまけの近くの温泉をご一緒させてもらい、背中を流させてもらった。(^_^;)
 ●ベルソーという言う道具を使い銅板に目立てを行う
 ●描画後の版にインクを詰める
 ●インクの拭き取り具合を丁寧に教わる
 ●義父、中林忠良のレクチャー
 ●プレス機で刷る

●人生初のメゾチント(マニエールノワール)作品、ヘボい!
ハーフトーンが出せると聞いていたが、未熟すぎて(涙)
 ●知ってはいたが、版と左右逆になるこの違和感
 ●蓼科湖の湖畔
 ●妖しげな月夜
 ●蓼科湖の宿り木
 ●蓼科湖の水芭蕉

●毎夜毎夜のDVDは「男はつらいよ」を、プロジェクターで壁に投影して鑑賞する。

   
●15日最終日は、勝沼ワイナリーツアー。
運転のため私は一切飲めず。


●東京に戻るとその足で、ノラ・ジョーンズの武道館公演に!

 

お終い

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中