あの 3.11 から3年が経った。

3年前まで、私はバブル弾けてリーマンショックで、今不景気でけっこう厳しいなぁくらいの調子で、私たちにとっての最悪はこんなものだと思ってました。
私たちの身に 3.11 のあの地震が起こるなんて想像もしなかった。自分は自分たちは大丈夫、なんかに守られてるみたいな気になって生きていました。
イランやイラクじゃないし、スマトラでもない。こんな大きな災害が、私の住む関東のすぐ隣、東北で起こってしまうなんて考えもしなかった。
当時、私は西荻窪の保育園新設工事の手伝いをしていて、たまたま青梅街道歩道傍にいました。もう全てがグラグラ揺れて、低層のビルでさえもぶつかりそうになるくらい揺れてた。大地全体がゆっくりと1mくらい上下するようにも感じた。終わったと思った。関東大震災がついに来てしまったか、と思った。携帯電話もストップ。それから、西荻窪の駅近くの古道具屋さんのTVで状況をざっと把握出来たけど、電車はもちろん止まっていた。
その当時僕は、音楽もアート制作も、二兎同時に追っていて、それからしばらく創作活動も全くできなくなりましたね。被害の大きさ、2万人もの犠牲者の方々の悲しみ痛み、隣県の東京で経験しただけなのに、重く深く、なんとも言えない悲壮感の飲み込まれていました。
そんなことホント起こるはずないと思っていたから、ろくに備えなどしていなかった。
そして、今は少しづつあのことを忘れはじめてるようで、今日は3年前の今日をもう一度思い出そうと思います。
テレビで見たあの津波の映像も。今も手つかずの瓦礫の山。進まぬ復興。原発問題。この3年間、復興の支援活動を続けられた仲間も多くいます、本当に敬意を表します。
そして、あの震災で犠牲になられた方々に心より哀悼の意を表します。被災された方々にお見舞い申し上げます。みんなで元気で幸せな毎日がおくれますように。

20131120-180438.jpg

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中