スフィンクスの一種 Vol,2

現代の定説では、生物の起源は海にある。かつて動物は魚であった。もっと言うとバクテリアなどの微生物であった。現在の動物の骨格の要素は魚に重ねられる。頭骨、下顎骨、脊椎、ヒレは手脚となり、肋骨など、動物の骨格系の主要なものは、魚が全て備えている。そして、太古のある時期に海から陸へ上がる進化を選んだ魚がいた。呼吸器系を変え、ヒレを四脚に変え陸上の環境に順応した。現代の動物のほとんどはこの四つ脚、四肢動物の歴史を辿る。さらに人間がその四肢の中の前脚を腕に変えた。鳥は翼に変えたのである。鳥には恐竜という進化の途中段階があるが。

さて、スフィンクス然り、ケンタウロス、サターンなどの幻想上の生き物たちはというと、その進化の経過の中では突然変異とも言うべき、異形のボディデザインをしている。四肢でいて翼を持っていたり、手足を持ち更に翼を持ったり、頭部をいくつも持っていたりと、翼が前脚の進化であれば、元は6本脚であったことになる。現在存在する生き物の中で6本脚となれば、昆虫、節足動物を思い浮かべる。しかし、節足動物の進化は、太古はムカデなどの多足類からの進化で、飛ぶために翅を得、胴体を短くし、足の数を減らしてきた。前の方の足は触覚や複眼、口器に変えた。全く幻想上の動物達とは似ても似つかない。もちろん、現在の生物は地球上の環境に順応してきたもので、幻想上の生き物たちは地球上の生き物ではないとの考え方も出来る。がしかし、現在も生き続けている生物は膨大な数の絶滅した動物達の犠牲の上にある。もしも、我々が考え出した幻想上の動物達が実在したとすれば、今だ発見、発掘されることもなく眠っているとすれば、そんな視点で化石を発掘してみましょう。

スフィンクスの一種

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中