フレンズ作家の展覧会

新宿高島屋の10F の美術画廊で今日まで開催されていました、内林武史君の展覧会に行ってきました。新作旧作も含めた面白さ圧巻の展示で、灯りを上手く取り入れた木と金属のオブジェで、クオリティは高く心のこもった仕事は、宇宙? 心? 異空間へ誘ってくれます。同級生作家なのであまり褒めたくはないのだけれど、この作家は人柄も男前なんですよね。

20131126-044516.jpg

20131126-044524.jpg

20131126-044541.jpg

20131126-044549.jpg

20131126-044602.jpg

20131126-044622.jpg

20131126-044633.jpg

20131126-044642.jpg

SPRINGON でご一緒した菅野まり子さんと浅野信二氏、田中章滋氏が出展しているグループ展 『黒の時祷書展 』を、初台の画廊珈琲Zaroff に見に来ました。クラッシック技法を作風にうまく取り入れた作家の作品は、小さな絵なのに樽の香りの効いたフルボディのワインを飲んでるみたいな重厚な味わいです。素晴らしい!

20131126-044655.jpg

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中