9/18の仕事

先々週の作業で、牧神こと“アイギパン”の頭部の化石の、頭蓋骨部分と角が合体していた。

骨の主成分はリン酸カルシウム、角の成分はたんぱく質、要は爪の成分と同じである。
角や爪にも成長の早い遅いの時期によって、樹木の年輪のように節が出来るが、山羊の角にはかなり顕著に表れる。

下地の木部加工の段階で節目を彫っておいて、その上に顔料を接着代にて付着させた。これから、化石の成分に近い石英質の顔料を着けたり削ったりして、化石化した表情に仕上げていこう。

20130918-164251.jpg

20130918-164307.jpg

20130918-164318.jpg

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中