恩師、櫻井 英嘉 展

私の創形美術学校での恩師、櫻井英嘉先生の展覧会に行った。1999年に他界された先生の、作品集発刊を記念した展覧会で、晩年の代表作“積層されたストライプ”による“無題”と題された作品たちが展示されていた。一見すると漆黒の闇が描かれているようだが、それは何層ものストライプが重なり合う空間絵画。学生時代、私は櫻井クラスに在籍し、表現の本質的な部分を教えていただいた。情熱的でインテリジェンスに富んだ指導に、温かく懐深き人間性と、憧れの先生であった。8/3まで、茅場町 BASE GALLERY http://www.basegallery.com/index.html
もう一つ、京橋の GALLERY 椿 GT2では、今月27日まで開催の 内林 武史 オブジェ作品展 “テラゾント” に足を運んだ。私と同じ歳の作家で何かと意識してしまう人物だが、今回もクオリティの高い展示であった。彼とは20年近く前のアンモナイト発掘ツアーで知り合い、以来、お互いの展示を行き来している。気の良い男前な作家の展示を是非!http://www.gallery-tsubaki.jp/tsubaki.html

20130717-221227.jpg

20130717-221234.jpg

20130717-221245.jpg

20130717-221251.jpg

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中