悪魔の化石

ー悪魔の一種ー

『悪魔の一種』と題した自作の化石で、およそ2億年後、現在の七大陸がまた一つの超大陸パンゲアとなった頃の地球の住人たちによって、現代の文明の化石が発掘されたという設定の中の、悪魔らしき化石の一つである。悪魔にも、デーモンやサターン、デヴィルなど、名のつく者だけでも相当の数になる。悪魔は怪物と同じく半人半獣にデザインされているが、霊界(地獄)に住む。悪虐…を企てたりする。神は人間と同じ姿だが巨人である。神から見ると人間が小人なのであろうが、ゼウス、ポセイドン、ハーデス、アポロやアフロディーテ、みんな天に頭が届くほどの身長である。それらを産んだガイヤ、クラノス、レイヤと言った神は、天であったり大地であったりと地球的な規模の存在になる。悪魔は、ゼウスの兄ハーデスとともに天界を追放された者たちで、ゼウスら神の敵対的存在。私は神と悪魔の違いが善か悪かとは思えない。私は折角日本人なのだからそこはフェアに調べてみて、私の化石制作の糧にしたい。
今回紹介する『悪魔の一種』サターンの化石は、山羊の頭を持ち人間の体にコウモリの翼と言うバフィメットである。タロットカードにも出てくる。ギリシャ神話ではなくキリスト教の中に出てくる異教の神。

20130614-000428.jpg

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中